アラサーの女性に必要なのは生活改善

学生時代はあらゆるダイエットを試してきましたが、ハードな運動や食事制限は続かず、痩せてはリバウンドをしてを繰り返していました。社会人になり一人暮らしをしたり忙しくなると自然と毎日の運動量が増え、食事も外食以外の日は自炊するように心がけると特にダイエットをしなくても痩せていきました。しかし女性は25歳が体の曲がり角だといわれる通り、25歳を過ぎるといつも通りの生活では痩せなくなりました。丁度その頃私は彼氏と別れたこともあり生活がゆるくなっていました。

すると今まで気にしていなかったお腹がポッコリ出てきたり、お尻が垂れてきたり少しずつ老いを感じるようになっていきました。仕事もオフィスワークなのでほとんど動くことがありませんでしたが、なんとなくいつも怠さがありました。

そこで自分の体と向き合い、普段の生活では動かさない筋肉を意識するようになりました。仕事から帰って夕食を食べてシャワーをさっと浴びすぐベッドに向かうのではなく、空いた時間でストレッチをしたり自分の体を労り、マッサージをしたりしました。すると代謝がよくなり、便通もよくなることでお腹の張りも治まりました。体のことを意識することでよく噛んで食べたり階段を使うようにしたり健康を考えるようになり、怠さもなくなっていきました。→プレミアムスリムスキニーレギンスは市販で買える?販売店を徹底調査!

まだまだ若いと自負するのではなく、自分の体と向き合い健康を意識した生活の改善が大切なのだと感じました。