意外と貯まる500円玉貯金

働き出した頃から「少しはお金を貯めないと」と思い、500円玉貯金を続けています。

500円玉貯金専用の貯金箱を100円ショップで購入し、お財布に500円玉が入ってきたらすぐに入れています。慣れてくると貯金箱に入れていくのが楽しくなって、お会計で500円玉が返ってくるようにお金を出す癖がつきました。850円のお会計だったら1350円出すといった具合に。

その分お財布から貯金箱に出ていくお金が多いわけで「ちょっとキツいなー」ということもありましたが、マイナス分は節約するようになりました。

当時は意識していませんでしたが、いわば先取り貯金になっていたわけです。私はお金があると安心して使ってしまうタイプなので、貯金法としては最適だったと思います。

今まで何度か貯金箱を開けました。満杯にすると10万円の貯金箱です。

先日、満杯になったので開封。ちょうど車検の時期だったので車検費用に充てました。これで貯金をしていなかったら口座からお金を出さなければならず、減った残高を見てため息をついていたことと思います。同じ出費なのですが、500円玉を貯めていたおかげで「ラッキー♪」と思えます。

難点としては500円玉のまま支払うわけにもいかないので一度銀行に行く必要があります。500円玉200枚はかなり重たいです。

しかし私にとっては幸せの重みです。頑張った感覚がないのに頑張ったような気分になります。銀行員さんの驚く顔を見るのも楽しみのひとつです。

500円玉貯金、オススメです。