子どもの保育所の制服を節約して購入する方法

普段の生活でも節約やお得が大好きです。フリマアプリを使用してから通常の値段で新しい服を購入出来なくなりました。今では子どもの服も靴も私の服も鞄も全てフリマアプリで購入する様になりました。季節の変わるこの時期に私のストレスに感じている事は子供の保育園の制服を購入する事です。4歳児のブレザーに1万円もします。好きな服で気に入ったブランドなら喜んで購入したいですが、園が指定し、保育園の往復にのみ使用する服に何故1万円も使用しなくてはならないか解せません。しかし、決まりなら仕方がないので購入しました。しかし制服のYシャツは5000円も出さなくても似たような物探そうと決めました。

そこで活用したのはフリマアプリです。シャツは往復でも汗をかくの洗い替えが必要になります。2着購入すると1万円にもなりますが、ネットフリマの中古で2着を1000円で購入する事が出来ました。これで少しは安く節約する事ができました。子どもよりも年下の知り合いがいるのでその人に子供が卒園した服を半額で譲ってほしいと言われています。なので、卒園後の販売先も決まっています。決まり事を守りながらも出来る限り節約しながら過ごす私の日々です。

食費の節約について。お菓子は無駄使い?

一ヶ月の食費で十万以上出費してる家庭があるそうです。

大家族やたくさんご飯を食べる家族なら分かりますが、一般の家庭で、一ヶ月の食費が十万以上出費してる家庭があります。働き盛りの夫婦の家庭で子供はいません。二人合わせて、年収が千五百万越えてます。子供がいない分、自分の趣味にお金を使えるそうですが、趣味よりも食費に十万以上出費しているのが悩みだそうです。

その家庭はどこのお店で何を買っているのかが気になります。その家庭の話しを聞くと、体に良い値段の高い野菜を買っているから、食費がかかってると言ってます。本当にそうなんでしょうか?実際にその家庭を覗かせて貰うと、意外な事実を発見しました。それは、無駄な買い物でした。予想通りの展開でした。一日三食プラスおやつの生活をほぼ一ヶ月過ごしていたんです。夫婦ともにお菓子が大好物で、世界中のお菓子を取り寄せています。どれも値段の高いお菓子でビックリします。

値段の高いお菓子を買わずに、比較的に値段の安いおいしいお菓子を購入して、毎日おやつを食べるんじゃなくて、一週間に一、二回食べるなど、ルールを作ると良いです。その家庭にも提案を出してみました。すると、賛成してくれました。毎日お菓子を買って、毎日おやつの時間にたべるのは、健康に悪いと反省していました。お菓子は休日のみ食べるようにして、一ヶ月間過ごした結果、5万円ほど改善しました。お菓子で5万円を使っていたと思うと、ビックリだし、気づかない内に無駄使いをしていたんだなと気づかされます。

このように、一ヶ月の食費で高いと思ってる家庭でお菓子に無駄使いをしてるかどうか確認をしてみるのも、食費を節約するきっかけになると思います。また、一ヶ月の食費を見直す事も大切です。

どのくらい通帳に残っていたら安心ですか?

私は30歳、専業主婦をしています。

昨年までは主人とフルタイムの共働きでそれなりに給料を頂いていたので少し節約をしつつも、旅行に行ったり高価な買い物をしたりと充実していました。マイホームという大きな買い物もしてローン返済が始まったばかりの時に3人目の妊娠が発覚し、お金がなくなってしまうという不安に陥りました。ローン返済も『私が働いているから』と言って少し無理した金額に設定してしまいました。

旦那だけの収入でやっていけるのかを日々研究しつつ節約に励んでいます。

節約しなきゃ!と頭で分かっていてもつい買いすぎてしまったり無駄なものを買ったり、、、難しいものです。そこで私はまず記録をすることにしました。ま、家計簿です。本当はかわいい家計簿帳が欲しいのですが、そのお金でさえももったいない!そういうことで今ではスマホのアプリで家計簿をつけています。

家計簿をつけはじめて2ヶ月弱になりますが、私は買い物の回数が多いことが分かりました。買い忘れがあったら「明日でいっかー」とおもうのですが、その次の日、その物だけを買えばいいもののプラスαでいろいろ買ってしまって結局支払いが1,000円、、、ということがあるんですよね。

これが結局無駄なのです。

なので買い物はまとめて行うようにしました。買い忘れがあってもそれしか買わないように気を付けています。

シーンカードを使った低減テクニック

近頃、焦点カードは1枚も欠けるというサイドはいない、と言っても言い過ぎではないでしょう。複数財布にあるという方もいると思います。でも、焦点カードもじょうずに使わないと決して低減にはなりません。例えば、薬局を利用する際に、焦点カードを発行してもらって焦点を貯めているとください。複数の薬局を利用するより、特定の薬局に決めてそっちの焦点を溜めるという低減技術を実践している方も多いでしょう。私もそうしていましたが、目下、Tカードが生じる薬局で利用できて、T焦点が貯まり、またそこでの品購入の際に焦点選択ができると知りました。薬局提供の焦点カードでは、そのおランチタイムで売られている医薬品などの購入にしか焦点選択ができませんが、
Tカードは、国内最大級の均一焦点なので、薬局以外にも多くの協業ランチタイムで利用できます。例えば、ブックストア(TSUTAYA)、コンビニエンスストア(ファミリマート)、カフェ(ドトールコーヒー)、カー企業(オートバックス)、有償モータープール(三井のリパーク)、宿屋(東急ホテルズ)などなど意外に多くの協業仕事場があります(焦点を使えて溜まるおランチタイムとたまるだけのおランチタイムがあります)。こういうTカードのように、自分が常々それほど利用するおランチタイムで払える焦点カードをとことん絞って使うようにすれば、効率よく焦点を貯めたり使ったりできて得策です。

日々で、少しずつ削減

『縮小』『貯金』というと、最も生活する上で生涯のお話だ。
ひとたび『縮小』というと水道光熱費が思い浮かびます。
今は食器洗い乾きタイミングも主流になってきて、手洗いやるよりも水道代金を縮小望める代物も潤沢出ていますが、どうしても鍋やこまごましたものは手洗いしないといけない代物もあります。
なるべく流し桶につけてから、まとめて洗うことを心がけるだけでも毎日のことですので至って違ってきます。
夏場は室温などで電気代ものぼりぎみですが、子供たちには、少なめに水を張ったベランダクラブで涼をとらせたりすると、長時間は涼しそうな外見をしています。
アダルトも一緒にアクセスを付けるだけでも楽しく、乳幼児も大安らぎだ。
入浴も、浴槽に引っ張る水を小さ目を努め、半身浴程度のお湯でも可能温まれます。
あとは、お日和も重要です。多雨のお日様は浴室の乾き体系などで洗濯物を干すことも多いでしょう。そこで、あす真昼から多雨だとわかっている期間などは、前夜の間にお洗濯をすませてしまう。出先に干しておけば早朝には押しなべて乾いていますので、浴室の乾き体系も半ほどでカラッと乾いてしまいます。そういった少しずつの集積が、年間を通して考えれば、かなりの縮小になると思います。