お金欲しさに残業するかそれとも日々の節約で残業しないで豊かさを求めるか

残業と聞くと「きちんと残業代払ってくれるのか。」ということを聞く人もいるのですが、これは払うべきものの一つで企業側は残業した分必ず働いている人に対して払う必要があります。

しかし、体を壊してまで残業する必要があるのかといわれるとその答えは必要ありません。

なぜなら残業自体は強制することができないです。

それならば残業しないで日々の生活で節約して豊かさを求める方がいいという考え方にすることができるのではないのかなといつも思います。

特に派遣やアルバイトは「残業しないとお金がもらえない。」と思い込んでいる人もいるのですが、逆の発想できちんと決まった時間内の給料でやりくりしていった方がいいという考え方もできるのです。

派遣やアルバイトの場合、時間給で働くことになるのでその分考え方を変えていく必要があります。

しかし、働くだけ働いて自分のプライベートまで犠牲にするというのではあまり効率的に稼ぐということはできませんし、幸福感がなくなります。

お金が必要であれば残業なり副業するなどするということもできるのですが、短時間で働きたいという人であれば働く時間はきちんと働きプライベートの時間を充実させてその分節約をしていけば幸せな働き方をすることができるのです。

自炊で削減&シェイプアップ

僕は食費を節約するために、なるべく外食をせずに自炊をするようにしている。
原料を安く並べる超絶で原料を買って自分で料理すれば、喫茶店や食堂で食するよりももっと安く済ませることができます。職種で疲れていたり始める日光は、冷凍メニューを利用したりお副食を買ったりしてしまうこともありますが、それでも外食を講じるよりは安いです。
僕は独り暮らしなので、カレーやスープレベルを作ると2~3日光食い分できるので経済的な上に楽です。また、おUSAは一度に3合炊いて、余った食い分は最初食分ずつラップに包んで冷凍保存しておきます。そうすると、電子射程で解凍するだけでホカホカのご飯を食べることができるので時短につながりますし、各回炊飯器でおUSAを炊かなくて良いので電気代の短縮にもなります。
また自炊だと砂糖や油を控えて作ることができるので、痩身にもなります。僕はできるだけ野菜をがっちり使ったクッキングを探ることを心掛けている。また味付けにはなるべく砂糖を使わないようにしています。ちなみに自炊をするようになってから、ウェイトが1隔たり減りました。
自炊を始めた辺りはクッキングも下手でしたし、面倒いと思っていましたが、続けているうちにクッキングが面白くなりました。今では、クッキングを楽しみながら食費の短縮に励んでいます。