縮小衣装

省エネルギーメソッドには色々なグランドがありますが、今回は単にメニューエディションを紹介してみましょう。

・炊き込み食事

これは近隣の話ですが、イワシやサバ(みそ煮など)の缶詰を、普通に白米をといでおいたのちから一緒に加えると、これから炊き込み食事になるそうです。
炊く前にマテリアル材のアレンジをしなくて済むので、便利ですね。

・炊飯と同時に固いマテリアルのアレンジをやる

相変わらず炊飯ケースの切替を圧す前に根菜などの固いマテリアルをラップにくるんで一緒に入れます。
直に置くのではなく蒸し器用の器を入れるか、受け皿などを上に置いて炊く方が良いだ。

扱うマテリアルはゴボウやニンジンの他にかぼちゃやサツマイモなどは時まで情念が通り過ぎるので、ほくほくしています。
ジャガイモは粉ふきいもを作らずとも皮をむけばありのままテーブルに残せるので、とても便利です。

・レモンジャム

今やお店で市販されているかもしれませんが、お家で甘さを調整したい人間にはレモンジャムを自作されることをお勧めします。
イチゴジャムなどを仕立てる時はレモンを使用する人も多いのかもしれませんが、レモンの場合は丸々お砂糖を加えれば良いので、ほんとに便利。

幾らか面倒はかかりますが、皮の表をむいてしまうと再び楽勝だ。
ママレードと一緒で皮の細切りを一緒に入れます。
エリアで煮詰めるので、お砂糖を控えめにしてください。
エリアは最初は強で、ふつふつとしたら前後に入れかえる方が良いでしょう。
他のジャムより酸味が激しいので、テーストがすっきりとやるし、メニューにも使えます。

出産後に仕事は続ける?やめる?

出産後に仕事を続けるか迷っているかたいますか?

仕事場の環境が許していただけるなら、確実に続けたほうがいいと思います。なぜなら手当金か手厚いからです。
まず、出産育児給付金として出産の時に42万円が健康保険から支払われます。
出産前の6週間は会社に申し出ればやすめ、出産後の8週間は必ず休まなきゃいけません。
その間の手当てとして出産手当金が70万、その後育児休業給付金が合わせて180万程もらえます(月に30万円程お給料をもらっていた方)。
その間の社会保険料は全て免除。会社の負担分も免除のため、迷惑はかかりません。
将来は払ったことになるためしっかりと年金ももらえます。

旦那がしっかりと働けて収入がある方は、そのお金を丸丸貯蓄にまわせます。
今は保育園に落ちた場合、最長2年まで育児休業給付金がもらえます。その間社会保険は免除で払ったことになります。

仮に1年休んだとすると、月にお給料を30万円もらっていた人は、給付金全てあわせて250万円くらい支給される計算です。
丸丸貯めれる環境であれば、産まれた子供の将来の大学資金のたしにしたり、復帰したあとの貯蓄計画も余裕がでてくるはずです。
また、これらの受給資格は過去2年間のうち雇用保険、健康保険に11ヶ月入っていた人で継続して雇用が見込める人です。
出産後は週に2日のパートをしたいという人でもやめなければもらえます。
キャリアウーマンだった方、とりあえず籍をおいて続けてみるのもよいかとおもいます。

節約種別と貯蓄方法

せっかく節約をしてもそれを確実に貯蓄に回す方法を講じなければ、そのお金は無駄遣いでどこかに消えてしまうものです。従って、節約と貯蓄手段はセットで考える事が重要です。
節約の種別に対応して、最適な貯蓄方法でお金を確実に貯める事を考える事が必要です。

まず、毎月発生する光熱費や通信費においては、最近では通信費に無駄な出費が多くなっており、これを見直す事が第1でしょう。
スマホの普及で、ネット接続をスマホで行う事が当たり前の家庭では、固定のネット回線を光回線にする必要性が減少しているはずで、時代に逆行するようですが、ADSLに戻す事を考えると良いでしょう。
通信会社はセット割りを進めますが、それより抜本的な節約としてはこの方が安上がりです。
こうした大きな出費の見直しで、5千円以上が毎月節約できたなら、その分は給与や年金から天引きで積み立て預金するのがベストです。こうすれば、確実に節約分を貯蓄する事ができます。

一方で、毎日の買い物代等のこまごました品目での節約分は、まずはつもり貯金として壊さなければ開けられない貯金箱に貯金するのがお勧めです。
チリも積もれば山となるで、この貯金箱がいっぱいになれば、金融機関の貯蓄に回すと良いでしょう。節約する事と、貯蓄をセットで考える事ではじめてお金は貯まると言う事を忘れてはなりません。

時間とお金の両方を大事に生活してます

節約したいのはお金と時間です。お金は生きるためになくてはならないものだし、将来のことを考えれば考えるほどお金を残したいと思うのです。時間はもしかしたらお金以上に節約したいと考えているかもしれません・・・。私にはすぐ時計を見て時間を確認する習慣があり、分単位で動いている芸能人ではないけれど私も時間で動いています。

時間とお金は切っても切れない関係です。お金だけあっても時間が無ければ必死に残したお金を使うことはできないし、時間が有り余っていてもその時お金が無い状態なら時間をもてあますだけです。

だからいつも時間とお金のバランスが整うようにそこを考えてこの二つの節約をしています。初めは難しかったけれど数年かけて自分のペースを掴んでからこれが自然にできるようになりましたよ。忙しい毎日ですが時間もお金もムダにしていない自信があります。

特にお金の節約で意識していることは早寝早起きです。生活習慣を正すことで余計なお金が出て行きにくくなりましたよ。規則正しく生活していると病気にもなりにくいですし精神状態も良い状態を保てます。この反対の生活をするとお金がどんどん出て行ってしまうので早寝早起きは一生続けたいです。

食事代とドリンクの節約について

節約といっても、いろいろな節約がありますし、その方法も工夫が必要です。

節約できたと思っても実は他で使っていたなんて事もあるので、しっかりとした計画的節約が必要となります。

・食費の節約

単身赴任の私は、食事に苦労します。どうしても1人で家に帰って料理を作るという気持ちにならないので、外食や、惣菜を買ってくる事が多いのですが、無駄の無い様にする為にも、1ヶ月でいくらという決まりを設けて節約する様にしています。

これをする事で、今まで疲れたから、今日は外食でとか、飲み会も参加なんてことも一つ一つ見直し、節約できるようになってきました。

今では、1週間単位で使用する食費代を決める様にしており、これにより、月2万円の節約が出来る様になりました。

・飲み物の節約

食費とは別に、ドリンク代はコンビニで購入するだけでも結構な出費となります。

今までは、外周りのついでに、ついついコンビニに寄り、ドリンクを購入する事が多かったのです。

しかし、ペットボトルを購入しようとすると、100円以上になる事がほとんど。

一方で、ドラッグストアやスーパーマーケットでは、100円以下でも購入可。

購入するのでしたら、コンビニではなく、ドラッグストアに行くようにしています。これだけで、3割の節約が出来ています。