必要な貯金額をすべて天引きして、残った金額を365日割!

このまま独身で60まで働くことを前提に、定年退職から平均寿命までの二十数年間にいくら必要かを細かく計算しましす。
例えば「老後5000万円必要」としたら、そこから退職金1000万円を引き、年金手取り額を引き、残り4000万円を現役時代に貯金するにはどう計画するか、と逆算します。
この場合、現役時代を約40年と仮定して、平均で1年に100万円貯金する必要があります。

この1年の貯金額を、年度の初めに、お給料の手取り額から最初から天引きするようにします。
私はだいたい、夏冬のボーナスを全額貯金し、目標額に足りなかったらその金額を12ヶ月平均して割り出し、毎月の手取りお給料からさらに天引きしています。

貯金額の他に、光熱費、自動車関係費、美容・化粧品代、被服代等、「固定費」と呼べる費目は、前年実績を考慮して「予算」とし、これらも最初から天引きします。
すると、日常生活で純粋に自由に使える金額が出るので、それを365日割します。これで、「1日に自由に使える金額」がわかります。
基本、この金額を超えなければ、お金は自動的に貯まっていきます。

これら一連の作業を反映しているエクセル家計簿を作っていますが、お金の管理がすごく楽です。今のところ計画は順調です。

食費が穴

着道楽や道楽にお金が繋がるそれぞれを除き、家庭で金字塔お金が要するのは、実は食費です。
お酒も飲めば余計跳ねあがる。
食費の厄介なところは、費用が小さい為に、大して使っていないと感じさせるポジションです。
屑物も積もれば…で適切金額になっている事が起こる。

じゃあ受領証を計算して、やりくり簿をちゃんとつけて…が出来る女子が如何程いるだろうか。
俺はもって一週だった。
なにせ毎日の点だし品ぞろえも多いので、積み重ねるのは困難なのである。

ここじゃいけないと特に試したのは、額封筒分け。
ひと月分の食費を封筒に入れ、それからのみ示すようにしたのです。
申込、足りずに棄権した。

ならば細分化しようと、ウィークに取り扱う売り値を決めて、封筒分けした。
一週5000円もあれば余剰だろうと思っていた。足りない…!
小食の夫妻+ちっちゃな乳幼児二人の4それぞれ身寄り。食費合計4万でも足りないとは如何なることか。
外食も弁当も買ってはいない。

ネックはすぐ解った。
俺は買い出しが嫌いでまとめ買いをやる。近くの激安ショップで。
この店、とにかく品ぞろえ多く、断然冷凍料理が著しい。はからずも買って仕舞う。
どんなに安いとはいえ、無駄なものをホイホイカゴに入れていたら、一回で5000円を行く事もあった。

じゃあどうするか。
余計細分化。ウィークに2、3回買い出しをするとして、一括払いの出費を2000円~3000円に統べる。
意外と必要なものだけを書き出して、お腹が空いていない時に(これはほんとに有用)買出しに行く。

激安ショップは何より、書き出した存在以外は買わないように気をつけた。
するとなんとか予算内でやり繰り出切る様になった。

食費は思わぬ伏兵です。自分に当てはまるやり繰り技術を何やかや試してみては如何だろう。

節約するなら食費から

私のシーン、節約する頃、真っ先に押えるのは食費だ。食費ほど削り取り易いものはありません。特に、空腹を我慢するだけで良いのですから。

食費を浮かせる上で、自炊は大事になってきます。外食と比べれば、圧倒的に安価で済みますからね。しかし、私の料理腕前はほとんど激しくありません。それこそ、小学校レベルの料理腕前しかないと胸を張って言えます。
ですので、私の弁当は各回卵とキャベツの炒め商品とランチタイムだ。それ以外は、目玉焼きにランチタイムとか、重い時になると醤油ランチタイムになります。それでも旨いので継続することができます。

とはいえ、そういった料理だけでは飽きが現れることがあります。そんな時は決まって卵かけご飯を食べるようにしています。卵かけめしは、いくら食べても飽きが来ないので縮小ときの著しい追い風だ。

また、水物費も浮かせるみたい努力しています。外出時は、とにかく水筒を持ち歩くようにしています。要素は水道水だ。日本の水道水は、高クォリティーですので美味しいだ。水道水のおいしさに気づくと、超絶等でドリンクを貰うのが勿体なく受け取るようになりますよ。縮小もできて水道水のおいしさにも感づくことができて一石二鳥ですね。

縮小をすると決心したならば、すぐさま自炊を、そしてドリンクは水道水にしてみてはいかがでしょうか。