アメリカ人との最初で最後の恋

ウィルスミスに似た彼は映画監督になるのを夢見ながら、人生経験のためアメリカから来日し、某英会話教室の講師として働いていました。仕事で英語力が必要な私が通い始めて、彼が担当の講師になったのが出会い。明るい性格とレディファーストで優しい身のこなしの彼に一目惚れ。

彼の講座をたくさん取るうちに、彼も私のことを意識してくれていたのか、いつの間にか彼のペースでアプローチがあり、一緒に遊園地デートをすることになりました。色々なアトラクションを周り、お化け屋敷では良い雰囲気になりながらも、手も握らず意外と奥手な彼に好印象を抱きました。この遊園地の一番人気のジェットコースターではテンションMAXで大はしゃぎする彼に、少年のような一面も見て、ますます彼のことを好印象に思いながらも、若かった私はどこかで少し不安もありました。田舎から出てきた私には、男性とのお付き合いも少ない上に相手が外国人となると世間の目も家族からどう思われるだろうかなど、自分の気持ちよりも周りの目を気にする所がありました。

その日は夕方まで遊び、同じ沿線だったこともあって、私の家の近所のバーで飲んで帰ることになりました。そこでお互いのことをたくさん話ししました。最後には手を握って見つめてくる彼は私のことを真剣に思ってくれていると感じました。私はどうなんだろう・・・そんなことを考えながらその日はさよならしました。

その日からしばらく私の仕事が忙しくなって教室に通う時間がなくなり、また彼も自主映画制作で講師を休んでいたりして、お互いに会う機会がなくなってしまいました。そうなるとメールでのやり取りも少なくなり、段々と彼のことを考える時間が減ってしまいました。久しぶりに教室に行って彼を見かけても、挨拶程度になり、彼が他の生徒と話ししている姿を見ても何も感じていない自分がいて、どこかで私はホッとしているところに気づきました。

それから教室も去ることになり彼に会うことはなくなったけど、短い時間でも彼に恋をしたことは素敵な経験になりました。悲しい恋愛とか激しい恋愛ではなかったけど、文化の違う彼とたくさん話ができて、一緒に過ごした時間は私の大切な思い出となりました。
今度こそ!公務員と出会いたい!愛知県名古屋市熱田区の警官と結婚する方法を暴露…!

大学時代付き合っていた彼氏との復縁について

大学当時付き合っていた彼氏とは、大学で同じ部活で所属していたことで知り合いました。共に練習に打ち込んだり、打ち上げなどの飲み会で一緒に盛り上がっている中でお互いをより知ることができ、彼の部活に対するストイックさや、優しい性格に徐々に惹かれていきました。そして知り合って4か月ほど経った時に、私は当時遠距離で付き合っていた彼氏がいましたが、その方とお別れをして、彼と付き合い始めました。付き合ってからは部活では毎日顔を合わせますし、他にも週1~2回ほどお互いの家や映画館などでデートを重ね、順調な交際をしていました。メールや電話などで、ほぼ毎日連絡も取り合っており、順調に交際が進んでいると、当時は思っていました。

そんな彼に、ある日いきなり別れを切り出されました。理由としては、毎日連絡を取ることを私からお願いされたり、週1~2回のデートの頻度が彼にとっては多くて重荷に感じるようになった、とのことで、休日にパソコンでチャットをしている時に切り出されました。その時はお互い会った時に話をしよう、ということで対面で話をして、私が彼が不満に思っている点を改善する、というところでこのまま交際を継続することで合意しました。しかしながらその数ヶ月後、私なりには連絡やデートの頻度を抑えていたものの、今度は私に無理を強いてしまっている、という理由でやはり別れたいと再度切り出され、今度はいくら説得しても、彼の決意は変わることありませんでした。

私にとっては初めての失恋でどうしたら良いか分からず、途方にくれましたが、「彼と復縁したいあなたへ」という本に出会い、その本に書いていることを実直に実践していきました。具体的には、まずは「今までありがとう」という感謝のメールを最後に、一切の連絡を取ることをやめ、コンタクトをシャットダウンすること。そして彼が見ていない間に、自分磨きをして、彼の知らない自分になること。見た目磨きを頑張ったり語学の勉強を頑張りました。

復縁するためには長期戦になると思っていましたが、なんと別れてから1ヶ月少し経って、彼の方から復縁したいと申し出がありました。別れてから、私がいなくて寂しさが募り、私が重要な存在だったと気付いたとのことでした。

あの頃の、失恋をしたことがなくて、恋愛体質だった私であれば、別れた後もしつこくメールを送り続けていたことでしょう。それを「彼と復縁したいあなたへ」という本をきっかけに、一旦落ち着き、長期目線でポジティブな思考に転換できたことは、恋愛を通り越して、自分のための勉強にもなりました。やっぱりここで出直します笑

活アプリのOmiaiは素晴らしい。

若い会員さん多いし、まさか20歳の女子大生とデート出来るとは。

やっぱり若い女の子は軽いから、アプリも登録してすぐに辞めちゃう事が多いですね。

チャンスをものにできて良かったですが、流石に10コ近く年が離れちゃうとお互い恋愛対象とは思いにくい気がしますね。

これが初回のデートだからなのかとも思ったけど、むしろ時間をかけてはいけないような気がしますね、歳の差恋愛って。

時間をかければかけるほど、相手にとっての自分はお兄さんとか先輩になってしまい、恋愛対象になるのは難しいように思えます。

罪悪感とか下らない感情を捨てて、恋に徹する覚悟がないと、女子大生は落とせないかなと痛感しました。

基本的にはご飯に行きたい僕ですけど、意に反して喫茶店。

まあコーヒー飲んだら死ぬわけでも無いから良いんだけど、時間の都合により断念ですね、ランチは。

やっぱり自分が好きな事をするのが自然であり、コーヒーよりもご飯をこよなく愛している僕なので、ご飯を食べてる姿を見せたほうが魅力的なのかなとも思うんですよね。

ただ時間の関係でいつもいつもご飯とはいかないし、喫茶店の方が女性もリラックスできるのかとも思い、一長一短かなと。

デザートを頼んであげるとか、飲み物交換しちゃうとか、喫茶店デートの必勝法を編み出したいと思う今日このごろです。⇒山梨県のバツイチ向け婚活情報