節約を定着させるためのに重要な5つの事

年末年始や夏休み、ボーナスシーズンと休暇期間が合わさって財布の紐が緩む事はよくあります。

「よし、節約をするぞ!」と意気込んでも、なかなか続けられない経験はありませんか?そんな方に、いますぐに取り掛かれる節約を定着させる方法5つをご提案します。

1、支出を把握する

節約とは支出を抑制する事です。一般的には、生活で生じる費用を工夫をして抑制する事をいいます。

節約のキーワードだけで、取り組みを始めるとコンセントを抜いたり、水を出さないようにしたり、そういった手法から取り掛かるケースがありますが、まずはこの支出の把握が最も重要です。

自分が一体何に費用を使っているのか、ライフラインの費用内訳は把握し、レシートは取り溜めるようにし、家計簿アプリなどで傾向が使めるようにしましょう。

2、削減する支出項目の優先度を決める

支出項目で自分の支出割合や金額が見えたら、どこから優先的に対策するかを決めます。

優先度を決める場合には、削減できる支出金額の規模自体も非常に重要ですが、対策をする際にかかる自分のストレスを具体化し、順位をつけます。

世帯であれば世帯で、この優先度を全員で合意形成するのも重要です。

3、目標を決める

具体的な削減額と期間を決めます。

これは、できるできないの尺度を捨てて、”なりたい”などの要望できめます。

世帯であれば、旅行の計画など共通のメリットを目標金額に置き換える事で、意識合わせがしやすくなります。

4、短期・長期に分けて施策リストを作り

ここから施策を考えます。

ネットなどを駆使したり、アイデアを言葉にしたりし、

施策に対して削減金額目標をブレイクダウンしておいていきます。

この際に長期的に効果を狙うか、短期的に狙うかもはっきりさせます。

施策が足りず、目標に対して達成見込みがたたない際は、目標を見直すなど、帳尻合わせします。

5、施策の実行と結果の発信

施策を実行フェーズに移して以降は、毎日成果金額・効果をどこかに記録します。

必ず効果のみを記載し、目標達成率は実行期間最後まで評価しません。

また可能であれば、これらの成果をSNSなどで発信していきます。

以上、5つのステップで節約の行動の意味がしっかり定義されます。またその行動は確実にわずかでも成果を生み出します。

実は節約を定着させるポイントは、

この節約の行動は何のためかをはっきりさせ、

成果を自分または他人にしっかりと感じとれる事が重要です。

目標達成はすばらしいですが、このステップにより行動が定着することが実は大きな成果です。

ぜひ興味のある方は、今日から取り組んでみてください。