軽減の大成の肝は食費を押さえ付ける!

節減は大事です。ライフスタイルは何が生ずるか分かりません。また欲しい物を貰うためには節減で貯めて出向くしかありませんので。

ただし節減と言っても削れる手法と、既存費として支払うので削れないものもあります。その中で考えると食費は節約し易いと自身は考えています。

採り入れる事は大事です。健康でなければ節約しているメリットもなくなりますので。安く仕入れておいしく調理するのがベストだと考えます。

たとえばもやしです。最初包み30円で買えます。もやしを炒めてラーメンの道具にしたり、ナムルにしたりなど30円で惣菜になります。オススメはオリーブオイルとコンソメで、イタリアンな味つけです。おいしいです。

鶏ミルク肉も使えます。手強いとかパサパサ始める感触がありますが炊事しだいで上手くなります。1移動で500円身近です。フライドポテトやチキンカツや鶏ハムなど、バリエーションもたくさんありますからオススメです。

鶏ミルク肉は二枚に下ろしてから、繊維に垂直に切ります。これだけで柔らかさが違うので推奨致します。

節減のコツは食費です。ただし美味しくなければ続きません。自炊すれば余計な配送もしなくてすみます。冷蔵庫の物だけで生活していくのが、節減のポイントです!