自称ダイエットオタクがたどり着いた先…

初めまして。自称ダイエットオタクと申します。スラリオの口コミと最安値

私がダイエットをするきっかけになったのは、高校生の頃、熱心に取り組んでいた部活動(陸上部の砲丸投げと円盤投げをしていました)を卒業し、本格的に恋をしたいと思ったからです。

その当時身長が162センチ/体重70キロありました。かなりの男勝りな体格でした。ちなみに、学生生活のほとんどを部活動に捧げていましたので恋愛という青春時代を過ごしていません(笑)その結果、恋愛に奥手になってしましました…。痩せている女子を見ると劣等感が生まれ、そのせいで自分に自信が持てなかったので自信をつけるために決意し、ダイエット人生が始まりました。

まず初めにトライしたのが、キャベツダイエットです。3食すべて千切りキャベツサラダで過ごしました。併せて、炭水化物を抜きましたので、かなりハイペースで体重が落ちました。しかし、炭水化物を抜くと体力が持たないので1日のうちでどこかに炭水化物を取るようにしました。

そのほか、豆乳バナナスムージー、アルコールダイエット、焼き肉ダイエットなどもしました(笑)

食事だけではなく、有酸素運動と無酸素運動(筋力トレーニング)を欠かさず取り入れています。有酸素は走ったりしていましたが、走るのが苦手(陸上部でしたが…)なのでウォーキングを30分以上週5日していましたが、それすらもめんどくさくなったので、現在はたまにステッパーを踏んだりしています。3年前からヨガをはじめ、今は毎日ヨガをしています(ヨガインストラクターの資格も取りました☆)。ヨガで大幅に痩せることは望めませんが、心と体のバランスをとることができるので、食欲をコントロールするのに最適だと思います。

私は、小さいころから食欲の鬼なのでいっぱい食べないと気が済まない質でした。今でもそれはなくなりません。なので、ダイエットをたくさんしてきましたが、結局のところ運動や食事制限を頑張るより、今の食欲と上手に向き合いながら「食べたときはいっぱい食べる!」ことにしています。いっぱい食べた後は、身体を労わるためにちゃんと「グ~」とお腹が空くまで何も食べずに待ってあげることにしています。

自称ダイエットオタクが行き着いた先は、自分の心と体の声を聴いて、好きな時に好きなものを食べて気持ち良く「ごちそうさまでした」と言える時間を過ごすことでした。