ストレスを溜めると散財するので自分のためにもお金は使う

節約をしようと我慢しすぎるとかえって節約になりません。

自分のために一銭も使わないとなるとストレスが溜まって、他のことで散財してしまうんですよね。

例えば食事です。

自分の趣味や欲しいものは買えないからと我慢していると、やけにおいしい物が食べたくなってしまいます。

そして食べたいものを食べたいときに買っていくと徐々にお金が減っていき、節約どころではなくなるんです。

これに気が付いてからは、自分のために使うお金を決めるようになりました。

毎月いくらかは自分のためだけに使うお金をつくるのです。

その支出を踏まえた上で貯蓄する金額を決めると、今月使いすぎてしまって貯金できないなんてことがなくなります。

自分のために使えるお金があると安心しますし、その中でやりくりするようになるので使いすぎるということがなくなるのです。

貯金がしたいのにお金が全然溜まらなくて困っていた時に、ふと気が付いたことでした。

無理は禁物ということなのでしょう。

以来、金額は少なくても毎月自分の使えるお金を確保しています。

そこから欲しい物を買うように計算していますし、自分が好きにできるお金があることで気持ちに余裕が持てました。

以前まではとにかく節約しなくちゃ、自分が我慢しなくてはと考えていましたがそれではうまくいかないものなのです。

ストレスは溜めないように貯金をしていくと効率よくお金が溜まるでしょう。

食費の節約は飲食店でのまかないで助かった

私が今まで一番得した節約体験はアルバイトです。

アルバイト先を飲食店や食品を販売しているお店にするんです。

これだけで食費が浮いて助かりました。

飲食店は、勤務中にまかないが出るので一食分が浮きます。

また、余った作りおきしておいたメニューを閉店後に捨てるのがもったいないという事でもらえました。

そんな日は何も食べ物を買わずにしのげます。

同じく、食品を販売するお店で働くと期限切れの食べ物がもらえたのでお得でした。

お客様からどんな味?と聞かれた時にもきちんと答えられるように、との事でよくもらえました。

アルバイトでお金も稼げるし、一挙両得です!

ほとんど食費はかからないので生活に少し余裕が出ました。

ただ、気を付けてもらいたいポイントが1つあります。

狙う勤務時間帯は、閉店の時間帯!

そして、チェーン店を選んではいけません。

昔は大手チェーン店でも、オーナーの判断でもらえたんですが現在は厳しくて余ったものも全てパソコンなどで管理しています。

なので個人経営の小さいお店なんかだと、その辺りはゆるくて助かりました。

売れない芸人さんも、アルバイトのまかないなどで節約している話もよく聞きますが、いろいろ食べさせてもらえて本当に食費は助かりました。

いいアルバイト先に巡り合えたなと感謝してます。

節約のプロというのはこういう方でしょうか

私の知人の節約術を紹介したいと思います。

母の友人で近所の方なのですが、シャンプー、コンディショナー、化粧品などのサンプルを貰えるものは全て貰い、それを使っているようです。

また、空腹時にはデパ地下などの試食、試飲で小腹を満たしてから食事をするといいます。

また、雑誌や本は必ず図書館を利用し、書籍費がかからないようにしているそうです。

食料品を買う時はわざわざ遅い時間にスーパーに行き、タイムサービス品を購入するとのことです。

また交通費節約として、どこに行くにも自転車を利用するようです。

外出する際にも、有料の施設は無料で開放する日やサービスデーを選び行動をしている様子です。

フリーマーケットやバザーが大好きで情報収集に勤しみ、買う時は当然のように値引きを交渉し、安値でゲットするといいます。

お菓子の缶や包装紙はいつか使うかも知れないから、と必ず取っておくようです。

まあここまでは一応参考にすることが出来ますが、驚きなのが、自宅では極力トイレを使わないということです!なるべく外出した先や、訪問したお宅のトイレを使用するように心がけているみたいです。確かにトイレを流す際の水やトイレットペーパーの節約にはなるかと思いますが…。

ここまでいくと節約のプロといえそうです。

マンションのエアコン代を節約する方法

私が実践して、最も効果のあったエアコン代節約術をお伝えします。

家計の節約を考える時、生活費の中で削減できるとすると挙げられるのが電気代ではないでしょうか。

電気代といえば、冷蔵庫、エアコン、冬ならコタツや電気ストーブなどが挙げられると思います。その中で、夏冬で大きな割合を占めるエアコン。

そんなエアコンを「使用しながら」、エアコン代を抑えられる方法をご紹介したいと思います。

現在、私は築10年の賃貸マンション(2DK)に住んでいます。

昨年までは、夏冬のエアコン代を削減するために、なるべく必要な時以外はつけないようにしていました。

その時期最も高い時で、電気料金が「月8000円」程度でした。

ところが、ある方法に切り替えてから、エアコンを十分に使用しながらにして、電気料金を「月5000円」程度に抑えることができるようになったのです。

その方法とはズバリ、「マンションではエアコンを常時付けっ放しにすること」です。

そんなのあり得ない、という方もいらっしゃると思います。私も最初は半信半疑でした。

しかし実際にエアコンを夏は冷房で26度、冬は暖房で25度に設定したところ、電気代がエアコンを控えめに使っていた時よりも安く抑えることができたのです。

これは何故かと言うと、エアコンというのは部屋の温度の上げ幅(または下げ幅)が大きいほど電気代がかかるものだそうです。一方、一旦適温にしてしまえば、温度の維持にはさほど電気代がかかりません。

特にマンションの場合は、一軒家に対して気密性が高く、室内の温度が一定に保ちやすいという特徴があります。

つまり、極限まで我慢してエアコンをつけるという行為は、実は最も電気代がかかる使い方だったのです。

もしマンションにお住まいで、今現在エアコンは極力控えている、という方がいらっしゃいましたら、勇気を持って「付けっ放し」にしてみてほしいと思います。

快適かつ節約にもなるエアコン代の節約術でした。

簡単に貯蓄をする方法をご紹介!!!

節約を頑張っていてもなかなかお金が貯まらない人ってけっこういませんか?

今回は、そんな人が簡単に貯蓄できる話を紹介します。

貯金が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

貯蓄をするためにまずは、口座は2つ作ることをおススメします。1つは生活費など生活をする上で使うお金を入れておきます。

もう1つの口座には、先取り貯金として給料が入ったら勝手にいくらか生活には困らない額が振り込まれる口座を作っておきます。この口座には最初は、少額でもかまわないので毎月必ず決まった金額を貯めるようにしましょう。

ただ、このお金はどんなに少額でも絶対手をつけないお金と決めておきます。

少しずつでもそこには必ずお金が貯まる癖をつけるのです。

そういった癖をつけることは自信に繋がります。

小さな積み重ねは、必ず大きな自信に繋がり、貯めることが習慣化するようになります。

そうなることで、貯められないといった自分の思い込みをなくすことができるのです。

そうすれば、どんどん貯金をすることが楽しくなって自然と普段の生活でも色々な事が気になるようになり、節約をする習慣がつくようになり、浪費家だった自分が、貯め体質に変化をすることができるようになります。

子どもの保育所の制服を節約して購入する方法

普段の生活でも節約やお得が大好きです。フリマアプリを使用してから通常の値段で新しい服を購入出来なくなりました。今では子どもの服も靴も私の服も鞄も全てフリマアプリで購入する様になりました。季節の変わるこの時期に私のストレスに感じている事は子供の保育園の制服を購入する事です。4歳児のブレザーに1万円もします。好きな服で気に入ったブランドなら喜んで購入したいですが、園が指定し、保育園の往復にのみ使用する服に何故1万円も使用しなくてはならないか解せません。しかし、決まりなら仕方がないので購入しました。しかし制服のYシャツは5000円も出さなくても似たような物探そうと決めました。

そこで活用したのはフリマアプリです。シャツは往復でも汗をかくの洗い替えが必要になります。2着購入すると1万円にもなりますが、ネットフリマの中古で2着を1000円で購入する事が出来ました。これで少しは安く節約する事ができました。子どもよりも年下の知り合いがいるのでその人に子供が卒園した服を半額で譲ってほしいと言われています。なので、卒園後の販売先も決まっています。決まり事を守りながらも出来る限り節約しながら過ごす私の日々です。

食費の節約について。お菓子は無駄使い?

一ヶ月の食費で十万以上出費してる家庭があるそうです。

大家族やたくさんご飯を食べる家族なら分かりますが、一般の家庭で、一ヶ月の食費が十万以上出費してる家庭があります。働き盛りの夫婦の家庭で子供はいません。二人合わせて、年収が千五百万越えてます。子供がいない分、自分の趣味にお金を使えるそうですが、趣味よりも食費に十万以上出費しているのが悩みだそうです。

その家庭はどこのお店で何を買っているのかが気になります。その家庭の話しを聞くと、体に良い値段の高い野菜を買っているから、食費がかかってると言ってます。本当にそうなんでしょうか?実際にその家庭を覗かせて貰うと、意外な事実を発見しました。それは、無駄な買い物でした。予想通りの展開でした。一日三食プラスおやつの生活をほぼ一ヶ月過ごしていたんです。夫婦ともにお菓子が大好物で、世界中のお菓子を取り寄せています。どれも値段の高いお菓子でビックリします。

値段の高いお菓子を買わずに、比較的に値段の安いおいしいお菓子を購入して、毎日おやつを食べるんじゃなくて、一週間に一、二回食べるなど、ルールを作ると良いです。その家庭にも提案を出してみました。すると、賛成してくれました。毎日お菓子を買って、毎日おやつの時間にたべるのは、健康に悪いと反省していました。お菓子は休日のみ食べるようにして、一ヶ月間過ごした結果、5万円ほど改善しました。お菓子で5万円を使っていたと思うと、ビックリだし、気づかない内に無駄使いをしていたんだなと気づかされます。

このように、一ヶ月の食費で高いと思ってる家庭でお菓子に無駄使いをしてるかどうか確認をしてみるのも、食費を節約するきっかけになると思います。また、一ヶ月の食費を見直す事も大切です。

どのくらい通帳に残っていたら安心ですか?

私は30歳、専業主婦をしています。

昨年までは主人とフルタイムの共働きでそれなりに給料を頂いていたので少し節約をしつつも、旅行に行ったり高価な買い物をしたりと充実していました。マイホームという大きな買い物もしてローン返済が始まったばかりの時に3人目の妊娠が発覚し、お金がなくなってしまうという不安に陥りました。ローン返済も『私が働いているから』と言って少し無理した金額に設定してしまいました。

旦那だけの収入でやっていけるのかを日々研究しつつ節約に励んでいます。

節約しなきゃ!と頭で分かっていてもつい買いすぎてしまったり無駄なものを買ったり、、、難しいものです。そこで私はまず記録をすることにしました。ま、家計簿です。本当はかわいい家計簿帳が欲しいのですが、そのお金でさえももったいない!そういうことで今ではスマホのアプリで家計簿をつけています。

家計簿をつけはじめて2ヶ月弱になりますが、私は買い物の回数が多いことが分かりました。買い忘れがあったら「明日でいっかー」とおもうのですが、その次の日、その物だけを買えばいいもののプラスαでいろいろ買ってしまって結局支払いが1,000円、、、ということがあるんですよね。

これが結局無駄なのです。

なので買い物はまとめて行うようにしました。買い忘れがあってもそれしか買わないように気を付けています。

シーンカードを使った低減テクニック

近頃、焦点カードは1枚も欠けるというサイドはいない、と言っても言い過ぎではないでしょう。複数財布にあるという方もいると思います。でも、焦点カードもじょうずに使わないと決して低減にはなりません。例えば、薬局を利用する際に、焦点カードを発行してもらって焦点を貯めているとください。複数の薬局を利用するより、特定の薬局に決めてそっちの焦点を溜めるという低減技術を実践している方も多いでしょう。私もそうしていましたが、目下、Tカードが生じる薬局で利用できて、T焦点が貯まり、またそこでの品購入の際に焦点選択ができると知りました。薬局提供の焦点カードでは、そのおランチタイムで売られている医薬品などの購入にしか焦点選択ができませんが、
Tカードは、国内最大級の均一焦点なので、薬局以外にも多くの協業ランチタイムで利用できます。例えば、ブックストア(TSUTAYA)、コンビニエンスストア(ファミリマート)、カフェ(ドトールコーヒー)、カー企業(オートバックス)、有償モータープール(三井のリパーク)、宿屋(東急ホテルズ)などなど意外に多くの協業仕事場があります(焦点を使えて溜まるおランチタイムとたまるだけのおランチタイムがあります)。こういうTカードのように、自分が常々それほど利用するおランチタイムで払える焦点カードをとことん絞って使うようにすれば、効率よく焦点を貯めたり使ったりできて得策です。

日々で、少しずつ削減

『縮小』『貯金』というと、最も生活する上で生涯のお話だ。
ひとたび『縮小』というと水道光熱費が思い浮かびます。
今は食器洗い乾きタイミングも主流になってきて、手洗いやるよりも水道代金を縮小望める代物も潤沢出ていますが、どうしても鍋やこまごましたものは手洗いしないといけない代物もあります。
なるべく流し桶につけてから、まとめて洗うことを心がけるだけでも毎日のことですので至って違ってきます。
夏場は室温などで電気代ものぼりぎみですが、子供たちには、少なめに水を張ったベランダクラブで涼をとらせたりすると、長時間は涼しそうな外見をしています。
アダルトも一緒にアクセスを付けるだけでも楽しく、乳幼児も大安らぎだ。
入浴も、浴槽に引っ張る水を小さ目を努め、半身浴程度のお湯でも可能温まれます。
あとは、お日和も重要です。多雨のお日様は浴室の乾き体系などで洗濯物を干すことも多いでしょう。そこで、あす真昼から多雨だとわかっている期間などは、前夜の間にお洗濯をすませてしまう。出先に干しておけば早朝には押しなべて乾いていますので、浴室の乾き体系も半ほどでカラッと乾いてしまいます。そういった少しずつの集積が、年間を通して考えれば、かなりの縮小になると思います。

飲兵衛さんにはお勧めの引き下げ方法

40費用も見えてきて、今更何をなので、既に隠しません。うん、僕は飲兵衛だ。ドッサリ飲めます。日帰りの終わりに酒類を健康にいれると、その日あった不愉快ことはほぼ殺菌することができます。
でも、内問題があります。それに加わる支出が馬鹿になりません。家で缶ビール、缶チュウハイは遠のけたくて、外部呑みばかりをしていました。そのため、月額によっては月額の後述、それを講じる残余がなくなることもありました。ちっちゃなバーであっても、ワンコインでカクテルが飲めるおサロンなど無く、用紙のお金が飛んで行くのだから当然だからだ。

そこで、僕、実り酒組み立てを始めて見ました。夫人がコネの皆さんにもらった梅酒を僕に譲ってくれたのがきっかけです。あまりの美味しさに、省エネついでに私も挑戦することにしました。もちろん始めた当初はカビが生えてしまったこともありました。しかし、軌道にのぼり始めた今は、実り酒組み立てを作る前と見比べ、月に3~5万、省エネできてある。

省エネついでの趣味なのか、趣味ついでの省エネなのかは分かりませんが、棚に並んだ瓶を見ると、なんとなく満ちたりた気持ちになります。出来上がりに年間から数ヶ月かかるのは普通のことなので、作り続けなれば確実になくなります。これが差し障りと言えば面倒なのですが、おもしろいと言えばおもしろいだ。実り酒組み立て、飲兵衛様にはお勧めの省エネ技術だ。

電気代の引き下げ作戦

3年前の災害以後、電気代がうなぎ上がりに上昇しています。なので、マイホームでは多少なりとも電気代を節約するように努力しています。一家ができるだけ集まって1つの広場で暮すのはもちろんのこと、LEDの電気を活用しています。一際トップ成果があったと思われる電気代の軽減ポイントは、電気のブレーカーを下回ることです。

最初は、災害後の輪番停電のときに漏電したりしたら恐ろしいと願い始めたことでした。しかしこれがなかなか省エネに役だってある。昼間は子供達は授業へ、男と自分は勤めへ立ち寄るので、マイホームは絶無になります。なので一番最後に外出する自分が、キッチン以外のブレーカーを切っていきます。キッチンは冷蔵庫があるのでさすがにブレーカーを下回ることはできません。

時にはお子さんが先に帰宅して、電気がつかないなんていうときもありますが、意外と支障ではありません。慣れてしまえば、出掛けるときに窓のかぎを掛ける感じぐらいの次元でできます。またマイホームでは冬場は追っかけヒーターを扱うので、エアコンは使用しません。なので夏場が終わったら、エアコンのブレーカーは切っておきます。こんなことぐらいでと思われるかもしれませんが、心から電気代が違う。ぜひとも一度試してみてください。

大き目家電を貰うための積立をしておく

冷蔵庫や洗濯機会、冷房といった暮し七つ道具の壮大家電はお値段も10万円以上と高額な物質ばかりだ。
しかも、仮に大切に使っていてもおそらく10時代ほどで寿命が来てしまい、変更が必要です。
壮大家電の変更の出費って、頭が痛いですよね。

賞与支払いや貸し出しにしてどうにか購入するという方も多いと思います。
そんな間際なことにならないために、わたくしは変更が必要な壮大家電は銘銘個別の積立をしています。
冷蔵庫向け、洗濯機会向け、冷房向け…といった見た目だ。

そうしないでただ貯蓄だけしていると、特別出費がある拍子などについつ手をつけてしまい傾向だからだ。
家電用の積立はその物を貰う結果だけに取り扱う、それ以外は例え生活費が足りなくなっても絶対に手をつけない、という厳格なモラルが大切です。
ひと月程度の積立おでこは1,000円ほどからでも大丈夫です。1時代で12,000円、10時代で120,000円にもなります。
余裕があるときにほんのり上積みしておくと二度とマシなります。

わたくしは初期毎月3,000円ずつ積立したり結構頑張ったので、数年で目標額に達し、余裕で買い換えることができました。
置き換えた以後が積立始める大機だ。少額ずつ貯めていっても10時代ほどあるので十分な売値を積立られます。
間もなく寿命が来ちゃう!という方は僅かきついと思いますが、諦めずに即刻積立はじめれば費用の付け足しにはなるので、直ちに家電要件積立を始めることをおススメします。

100円ショップの賢い活用で充実した節約生活!

安くて色んな物が手に入るお店として人気がある100円ショップは、上手に使うと節約生活の助けになってくれます。自分の家の近くにある100円ショップには時間がある時に足を運んで、ラインナップを覚えておくと便利です。

そして、ドラッグストアやスーパーマーケットと比べて、価格や内容量にどれぐらいの違いがあるのかを見極めて、どのお店で購入するかを決めることが大切です。100円ショップに置いてある商品は、物によっては、内容量を少なくすることで均一価格を実現していることがあります。

ひとつひとつの単価を考えると、100円ショップ以外で買う方が安い場合もあります。消耗品のビニール袋やホイルケースなどはその一例です。また、気軽に買うことができる収納ケースやカゴは100円ショップの人気商品のひとつですが、100円ショップの商品は商品リニューアルを機に同じものがなくなってしまう可能性があるので、複数を並べて使おうと考えている場合には、買い足しが難しいことがあり、あまりおすすめできません。インテリア専門のショップで長く続いているシリーズを購入した方が、買い足しを考えた際には便利です。

安いからという理由で安易に100円ショップを利用するのではなく、他店とも比較した上で、本当に使い勝手が良くコスパの良い商品のみを使うことが節約への近道です。

お湯の節約

関西電力には、”はぴeみる電”という使用した電話料金がみれるサイトがあります。他の地域でも名前は違えど電気料金がみられるサイトがあると思いますが、それで日割りで使用電力がページをみると、シャワーを浴びた日、お風呂に入った日、入らなかった日では、使用料金が違うことが分かります。

一人暮らしの場合ですと、冬場は特にお風呂に入った日と入らなかった日では100円ぐらい金額が違ってきます。冬の間はあまりお湯を使うことをケチると風邪をひいてしまうので、その分シャンプーとリンスとを分けて使うと、流す時間が2倍になってお湯が勿体ないので、シャンプーインリンスを使って、洗い流す作業を一回にしてお湯をセーブしています。

それなりに暖かくなってくる4月中ごろから6月頃までは、さすがに水で体を洗うのは寒いけれど、頭は水で洗っても寒いと感じないようになりますので、頭を洗う間はお湯をストップして洗います。そうすると春でも1日30円ぐらい安くシャワーやお風呂に入れます。

夏場は頭は水、体はぬるま湯で大丈夫なので、かなり電気代が安くで済ませられますよね。毎日数十円のことですが、月にすると電気請求料金に結構な差が出て来ます。

蓄えするならきちんとの構えで

金銭的なことで蓄えをしようと思えるのは学校を卒業し、就職してからお給料を手にしてからである。

それまでの学生時代は気楽なものでおこづかいがあれば良く、マジメとかきちんと先のことを見据えながらの毎月貯金は普通感覚で少数派。

余程というくらい家がきっちりしていて小さい頃からお年玉でも貯金していたとか、習慣づけができているという人なら別だけれど。

卒業からの三十数年をすごしてみて貯蓄などに思う処としては、蓄えはある程度の目標を持って貯金をしようという構えになったタイミングで増えていくものだなと。

収入がそれなりにありまずまずの暮らしぶりならば、数年先もやって行けるとか思えてけっこう呑気してしまうというのもあります。

家庭を持てばそれでも貯蓄と考えるけれど、シングルでいるとこの辺はお気楽なもの、再婚でもと考える様になってせかせかと貯金していたり。

単身での食事面を思い出してみると、忙しく仕事していた時期は食事を作る暇もゆっくりはなく、コンビニ弁当とか利用、素材を揃えることと比べると割高で一か月は結構な費用。

ある意味この時期は自由奔放の様な感じで、おしゃれもしたいし必要ということもあり通勤服は色々と購入、いまにして思えば貯金も随分できたのではと考えます。

要点としては金銭感覚がちゃんとしていなかったかなということ、時間の制約もありましたが節約方法をマスターできてなかった処が欠点、現在はそれをフォローすべく日々の節約に励み、目標も持ちながらすごしています。

意外と貯まる500円玉貯金

働き出した頃から「少しはお金を貯めないと」と思い、500円玉貯金を続けています。

500円玉貯金専用の貯金箱を100円ショップで購入し、お財布に500円玉が入ってきたらすぐに入れています。慣れてくると貯金箱に入れていくのが楽しくなって、お会計で500円玉が返ってくるようにお金を出す癖がつきました。850円のお会計だったら1350円出すといった具合に。

その分お財布から貯金箱に出ていくお金が多いわけで「ちょっとキツいなー」ということもありましたが、マイナス分は節約するようになりました。

当時は意識していませんでしたが、いわば先取り貯金になっていたわけです。私はお金があると安心して使ってしまうタイプなので、貯金法としては最適だったと思います。

今まで何度か貯金箱を開けました。満杯にすると10万円の貯金箱です。

先日、満杯になったので開封。ちょうど車検の時期だったので車検費用に充てました。これで貯金をしていなかったら口座からお金を出さなければならず、減った残高を見てため息をついていたことと思います。同じ出費なのですが、500円玉を貯めていたおかげで「ラッキー♪」と思えます。

難点としては500円玉のまま支払うわけにもいかないので一度銀行に行く必要があります。500円玉200枚はかなり重たいです。

しかし私にとっては幸せの重みです。頑張った感覚がないのに頑張ったような気分になります。銀行員さんの驚く顔を見るのも楽しみのひとつです。

500円玉貯金、オススメです。

家計簿を使いこなす!

節約をするためには、まず収支を把握しないといけませんよね。よく家計簿だったり、エクセルで家計を管理している、という話を聞くのですが、私がオススメするのは断然ネット家計簿です。入力すると自動で計算してくれるので、いくら使ったかもすぐ分かりますし、前月と比較も簡単にできるので、何に今月多めに使ってしまったのかということもひとめで分かります。

また、予算を立てることもできるので、それにそって管理していくこともできます。私も昔、アナログな方法で家計簿をつけていたんですが、それがなかなか続かず、今のネット家計簿に落ち着きました。次に家計簿を付ける時のポイントなんですが、あらかじめ固定費は先に入力しておく方が安心します。

光熱費やネット代って、必ず毎月かかりますし、だいたいいくらくらいかも把握できますよね。請求があった時に入力すると急に支出が増えて焦るので、できれば月初めに入力しておけば良いと思います。また、クレジットカードの請求も、カードの請求月ではなくて、利用した月の分としていれておくと良いです。請求額はカード会社からかならず連絡がくるのでそれを見れば分かりますし。

この方法で、だいたいの収支が分かったら、例えば「食費になんでこんなにかかってるんだろう」と思ったら、食費の項目を食費・お菓子と分けて入力するようにすると、「お菓子の購入が多い」ということが分かったりするので、更に節約ができると思います。

何もしないけど効果抜群な節約術「出ん得」

節約の極意は「お金を使わない」の一言につきます。

その「お金を使わない」というのが難しいわけですが

特別な努力なしに、お金を使わくて済む方法が一つあります。

ズバリ、「家から出ない!」

これを昔の人は「出ん得」と言いました。

家でおとなしくしていれば、お金を使う機会はかなり減ります。

ただ、今ドキはネットショッピングや課金制のオンラインゲームなど

家に居ても散財の誘惑が多いですが・・・。

家から一歩でれば、財布のヒモが緩む機会は、そこかしこにあります。

「ちょっと近所を散歩」した場合でも、自販機やコンビニがそこらじゅうにあります。

「せっかく近くまで来たのだから、雑誌でもめくってみよう。」と、コンビニに足を

踏み入れた瞬間、コーヒーの香り、美味しそうなおでん、新発売のお菓子etc・・・

お金を使いたい衝動はMAX。

なぜなんでしょう?それは、意思が弱いから?そうではありません!

お金を使ってもらうための仕掛けが、そこらじゅうに張り巡らされているからです。

という訳で、そんな恐ろしい場所へ近づいてはいけません。

外に出ないのが一番!

毎日のお買い物は?ネットスーパーで必要なものだけクリック。

ちょっと割高感もありますが、誘惑に負けて散財する額よりはずっとましです。

今すぐ簡単にできる「出ん得」おススメです。

朝洗顔の時のちょっとした水の節約方法

節約できる事は無いかと考え、最近になって、朝、顔を洗う時の方法を変えてみました。

今までは水道から流れる水を手ですくって洗っていましたが、洗面器に水をためて洗う事で、

結果、顔をあらう時に使う水が、大分減らせています。

私の洗顔方法をお教えしますね。

1.まず、洗面器に水を1/5位溜めます。多くなくて良いです。洗面器に手のひらを置いて、手首位あれば十分です。その水で顔を濡らし、洗顔フォームを泡立てて顔を洗います。

2.1で溜めた水で大体の泡がなくなるまで何度も水をすくって泡を落とします。洗った水はまた洗面器に戻るような位置に置いておきます。つまり同じ水を何度も使います。泡を落とすのが目的です。

3.大体の泡が落ちたら、洗面器の水を捨てて、再度水を洗面器に溜めます。量は最初と同じくらいです。そして顔に残った細かい泡や、洗顔フォームのぬるっと感を更に落とします。ここまでで、けっこう顔がさっぱりすると思います。

4.最後に、水道からちょろちょろ流した水を手ですくって2、3回洗います。これでスッキリです。

全体の工程で、洗面器の半分の水も使っていません。

最初に試してみた時に、こんなに少ない量で、しっかり顔が洗えるんだと驚きました。

一度お試しください。

保険の見直しで節約

結婚してしばらく、全く気にしていなかった保険について意識したのは、子供が生まれてからです。

もし、主人に何かあったら、現実問題として私と子供が生きていくだけの保障があるのか?と考えた時不安になりました。

そして、保険証券を見せてもらいましたが、その掛け金の高さにびっくりしました。

そんなに高いなら、保障もちゃんとしているとは思いますが、内容が分かりにくくて、理解できません。

そこで、見直しするように勧めました。

掛け金が高いのも、少し節約できるのではないかな、と思ったのです。

主人に聞いても、今の会社に就職した時に流されるままに加入したらしく、内容もよく分かっていなくて、ちゃんといらない保障をなくせば節約できそうです。

そこで、中立な立場から相談を受けてくれる保険相談を受けました。

そこでは、しつこく勧められる訳でもなくて、独身の時とは違う必要な保障を考えて最適な保険を教えてくれました。

やはり、主人の加入している保険はかなりお高めで、他の安い保険を組み合わせてだいぶ保険料を削減できました。

私の加入している保険は、もともと掛け金も低いので見直して節約とはならなそうだったので、そのままにしましたが、その相談で商品券ももらえたので、とてもお得でした。

お財布には1週ずつの予算しか入れないようにすると節約できます!

普段持ち歩くお財布の中には絶対に1カ月分の予算などは入れないようにします。

1週間ずつの予算を週のはじめにお財布にいれたら、その中で絶対に済ませるように過ごすのです。もちろん、お財布の中身が余ったら、そのまま繰り越さず貯金箱に残っているお金を入れて小銭貯金をしておきます!お財布の中に余計なお金をいれなければ、使いようがなので、無駄なものを購入したり衝動買いを防げるのです!

しかし、あまりにもきつすぎる予算割をしてしまうと、どうしても精神的にもまいってしまってある時挫折してしまって散財してしまうということもあるので設定額はしっかりと考えて無謀なことはやめた方がよいです!

どうしてもストレスが溜まった時には小銭貯金をした貯金箱から拝借して、豪華なランチに行ったり映画を見たり、ケーキを購入してみたりも年に数回はしてみるのも良いものです!

節約は長く続けていかないと効果はでてはこないので、長期スパンで穏やかに賢く行うのがベストなので、無理は禁物です。週割をした予算でいかに美味しいご飯を工夫して作れるか!満足できるかに勝負がかかっていることは忘れてはいけません。

食べないようにするとか我慢をひたすらする・・・という考え方で節約に励むと必ず挫折するので、決められた予算を素敵に使うことが大事なのだということを考えなければいけないのです!

節約生活の中の楽しみ

節約生活とダイエットは似ている所があるといわれていますが、私もその意見に同感です。

どちらも目標設定が厳しいと挫折してしまい、元の木阿弥になってしまう所がよく似ていると思います。

ダイエットと同じように「自分にご褒美」という設定がなければ、長く続けられる節約がないと考えています。
この日までに「何キロやせよう」という目標を立てても思うようにならなかったり、逆に太ってしまったりという事があったりして、次の日からやる気がなくなったりする事があるかもしれません。

「ご褒美」を「油料理」や「甘い物」にしている場合は尚更です。
「これだけ節約したのだから、美味しいレストランで沢山食べよう」などという「ご褒美」にしている場合は、「ダイエット」の目標も遠のいてしまうでしょう。

私などは、何か達成した時の「自分にご褒美」を「生クリームいっぱいのシュークリーム」とか「濃厚な味のチョコレートケーキ」にしている事があります。
なかなか達成する事が出来ませんが。

節約するのは自分が達成したい目標があるからだという事は明白ですが、長期的なものなので何か楽しみがないと挫折してしまいがちです。「ここまで達成したら普段したくても出来ない事をしよう」というのがないと続きません。
それが「大金を使わずとも出来る事」ならいうことはないのかもしれませんが、普段節約している時に何をして過ごすかという事を念頭においてみると、自分が満足出来る事が見つかるかもしれません。