大き目家電を貰うための積立をしておく

冷蔵庫や洗濯機会、冷房といった暮し七つ道具の壮大家電はお値段も10万円以上と高額な物質ばかりだ。
しかも、仮に大切に使っていてもおそらく10時代ほどで寿命が来てしまい、変更が必要です。
壮大家電の変更の出費って、頭が痛いですよね。

賞与支払いや貸し出しにしてどうにか購入するという方も多いと思います。
そんな間際なことにならないために、わたくしは変更が必要な壮大家電は銘銘個別の積立をしています。
冷蔵庫向け、洗濯機会向け、冷房向け…といった見た目だ。

そうしないでただ貯蓄だけしていると、特別出費がある拍子などについつ手をつけてしまい傾向だからだ。
家電用の積立はその物を貰う結果だけに取り扱う、それ以外は例え生活費が足りなくなっても絶対に手をつけない、という厳格なモラルが大切です。
ひと月程度の積立おでこは1,000円ほどからでも大丈夫です。1時代で12,000円、10時代で120,000円にもなります。
余裕があるときにほんのり上積みしておくと二度とマシなります。

わたくしは初期毎月3,000円ずつ積立したり結構頑張ったので、数年で目標額に達し、余裕で買い換えることができました。
置き換えた以後が積立始める大機だ。少額ずつ貯めていっても10時代ほどあるので十分な売値を積立られます。
間もなく寿命が来ちゃう!という方は僅かきついと思いますが、諦めずに即刻積立はじめれば費用の付け足しにはなるので、直ちに家電要件積立を始めることをおススメします。

100円ショップの賢い活用で充実した節約生活!

安くて色んな物が手に入るお店として人気がある100円ショップは、上手に使うと節約生活の助けになってくれます。自分の家の近くにある100円ショップには時間がある時に足を運んで、ラインナップを覚えておくと便利です。

そして、ドラッグストアやスーパーマーケットと比べて、価格や内容量にどれぐらいの違いがあるのかを見極めて、どのお店で購入するかを決めることが大切です。100円ショップに置いてある商品は、物によっては、内容量を少なくすることで均一価格を実現していることがあります。

ひとつひとつの単価を考えると、100円ショップ以外で買う方が安い場合もあります。消耗品のビニール袋やホイルケースなどはその一例です。また、気軽に買うことができる収納ケースやカゴは100円ショップの人気商品のひとつですが、100円ショップの商品は商品リニューアルを機に同じものがなくなってしまう可能性があるので、複数を並べて使おうと考えている場合には、買い足しが難しいことがあり、あまりおすすめできません。インテリア専門のショップで長く続いているシリーズを購入した方が、買い足しを考えた際には便利です。

安いからという理由で安易に100円ショップを利用するのではなく、他店とも比較した上で、本当に使い勝手が良くコスパの良い商品のみを使うことが節約への近道です。

お湯の節約

関西電力には、”はぴeみる電”という使用した電話料金がみれるサイトがあります。他の地域でも名前は違えど電気料金がみられるサイトがあると思いますが、それで日割りで使用電力がページをみると、シャワーを浴びた日、お風呂に入った日、入らなかった日では、使用料金が違うことが分かります。

一人暮らしの場合ですと、冬場は特にお風呂に入った日と入らなかった日では100円ぐらい金額が違ってきます。冬の間はあまりお湯を使うことをケチると風邪をひいてしまうので、その分シャンプーとリンスとを分けて使うと、流す時間が2倍になってお湯が勿体ないので、シャンプーインリンスを使って、洗い流す作業を一回にしてお湯をセーブしています。

それなりに暖かくなってくる4月中ごろから6月頃までは、さすがに水で体を洗うのは寒いけれど、頭は水で洗っても寒いと感じないようになりますので、頭を洗う間はお湯をストップして洗います。そうすると春でも1日30円ぐらい安くシャワーやお風呂に入れます。

夏場は頭は水、体はぬるま湯で大丈夫なので、かなり電気代が安くで済ませられますよね。毎日数十円のことですが、月にすると電気請求料金に結構な差が出て来ます。

蓄えするならきちんとの構えで

金銭的なことで蓄えをしようと思えるのは学校を卒業し、就職してからお給料を手にしてからである。

それまでの学生時代は気楽なものでおこづかいがあれば良く、マジメとかきちんと先のことを見据えながらの毎月貯金は普通感覚で少数派。

余程というくらい家がきっちりしていて小さい頃からお年玉でも貯金していたとか、習慣づけができているという人なら別だけれど。

卒業からの三十数年をすごしてみて貯蓄などに思う処としては、蓄えはある程度の目標を持って貯金をしようという構えになったタイミングで増えていくものだなと。

収入がそれなりにありまずまずの暮らしぶりならば、数年先もやって行けるとか思えてけっこう呑気してしまうというのもあります。

家庭を持てばそれでも貯蓄と考えるけれど、シングルでいるとこの辺はお気楽なもの、再婚でもと考える様になってせかせかと貯金していたり。

単身での食事面を思い出してみると、忙しく仕事していた時期は食事を作る暇もゆっくりはなく、コンビニ弁当とか利用、素材を揃えることと比べると割高で一か月は結構な費用。

ある意味この時期は自由奔放の様な感じで、おしゃれもしたいし必要ということもあり通勤服は色々と購入、いまにして思えば貯金も随分できたのではと考えます。

要点としては金銭感覚がちゃんとしていなかったかなということ、時間の制約もありましたが節約方法をマスターできてなかった処が欠点、現在はそれをフォローすべく日々の節約に励み、目標も持ちながらすごしています。

意外と貯まる500円玉貯金

働き出した頃から「少しはお金を貯めないと」と思い、500円玉貯金を続けています。

500円玉貯金専用の貯金箱を100円ショップで購入し、お財布に500円玉が入ってきたらすぐに入れています。慣れてくると貯金箱に入れていくのが楽しくなって、お会計で500円玉が返ってくるようにお金を出す癖がつきました。850円のお会計だったら1350円出すといった具合に。

その分お財布から貯金箱に出ていくお金が多いわけで「ちょっとキツいなー」ということもありましたが、マイナス分は節約するようになりました。

当時は意識していませんでしたが、いわば先取り貯金になっていたわけです。私はお金があると安心して使ってしまうタイプなので、貯金法としては最適だったと思います。

今まで何度か貯金箱を開けました。満杯にすると10万円の貯金箱です。

先日、満杯になったので開封。ちょうど車検の時期だったので車検費用に充てました。これで貯金をしていなかったら口座からお金を出さなければならず、減った残高を見てため息をついていたことと思います。同じ出費なのですが、500円玉を貯めていたおかげで「ラッキー♪」と思えます。

難点としては500円玉のまま支払うわけにもいかないので一度銀行に行く必要があります。500円玉200枚はかなり重たいです。

しかし私にとっては幸せの重みです。頑張った感覚がないのに頑張ったような気分になります。銀行員さんの驚く顔を見るのも楽しみのひとつです。

500円玉貯金、オススメです。

家計簿を使いこなす!

節約をするためには、まず収支を把握しないといけませんよね。よく家計簿だったり、エクセルで家計を管理している、という話を聞くのですが、私がオススメするのは断然ネット家計簿です。入力すると自動で計算してくれるので、いくら使ったかもすぐ分かりますし、前月と比較も簡単にできるので、何に今月多めに使ってしまったのかということもひとめで分かります。

また、予算を立てることもできるので、それにそって管理していくこともできます。私も昔、アナログな方法で家計簿をつけていたんですが、それがなかなか続かず、今のネット家計簿に落ち着きました。次に家計簿を付ける時のポイントなんですが、あらかじめ固定費は先に入力しておく方が安心します。

光熱費やネット代って、必ず毎月かかりますし、だいたいいくらくらいかも把握できますよね。請求があった時に入力すると急に支出が増えて焦るので、できれば月初めに入力しておけば良いと思います。また、クレジットカードの請求も、カードの請求月ではなくて、利用した月の分としていれておくと良いです。請求額はカード会社からかならず連絡がくるのでそれを見れば分かりますし。

この方法で、だいたいの収支が分かったら、例えば「食費になんでこんなにかかってるんだろう」と思ったら、食費の項目を食費・お菓子と分けて入力するようにすると、「お菓子の購入が多い」ということが分かったりするので、更に節約ができると思います。

何もしないけど効果抜群な節約術「出ん得」

節約の極意は「お金を使わない」の一言につきます。

その「お金を使わない」というのが難しいわけですが

特別な努力なしに、お金を使わくて済む方法が一つあります。

ズバリ、「家から出ない!」

これを昔の人は「出ん得」と言いました。

家でおとなしくしていれば、お金を使う機会はかなり減ります。

ただ、今ドキはネットショッピングや課金制のオンラインゲームなど

家に居ても散財の誘惑が多いですが・・・。

家から一歩でれば、財布のヒモが緩む機会は、そこかしこにあります。

「ちょっと近所を散歩」した場合でも、自販機やコンビニがそこらじゅうにあります。

「せっかく近くまで来たのだから、雑誌でもめくってみよう。」と、コンビニに足を

踏み入れた瞬間、コーヒーの香り、美味しそうなおでん、新発売のお菓子etc・・・

お金を使いたい衝動はMAX。

なぜなんでしょう?それは、意思が弱いから?そうではありません!

お金を使ってもらうための仕掛けが、そこらじゅうに張り巡らされているからです。

という訳で、そんな恐ろしい場所へ近づいてはいけません。

外に出ないのが一番!

毎日のお買い物は?ネットスーパーで必要なものだけクリック。

ちょっと割高感もありますが、誘惑に負けて散財する額よりはずっとましです。

今すぐ簡単にできる「出ん得」おススメです。

朝洗顔の時のちょっとした水の節約方法

節約できる事は無いかと考え、最近になって、朝、顔を洗う時の方法を変えてみました。

今までは水道から流れる水を手ですくって洗っていましたが、洗面器に水をためて洗う事で、

結果、顔をあらう時に使う水が、大分減らせています。

私の洗顔方法をお教えしますね。

1.まず、洗面器に水を1/5位溜めます。多くなくて良いです。洗面器に手のひらを置いて、手首位あれば十分です。その水で顔を濡らし、洗顔フォームを泡立てて顔を洗います。

2.1で溜めた水で大体の泡がなくなるまで何度も水をすくって泡を落とします。洗った水はまた洗面器に戻るような位置に置いておきます。つまり同じ水を何度も使います。泡を落とすのが目的です。

3.大体の泡が落ちたら、洗面器の水を捨てて、再度水を洗面器に溜めます。量は最初と同じくらいです。そして顔に残った細かい泡や、洗顔フォームのぬるっと感を更に落とします。ここまでで、けっこう顔がさっぱりすると思います。

4.最後に、水道からちょろちょろ流した水を手ですくって2、3回洗います。これでスッキリです。

全体の工程で、洗面器の半分の水も使っていません。

最初に試してみた時に、こんなに少ない量で、しっかり顔が洗えるんだと驚きました。

一度お試しください。

保険の見直しで節約

結婚してしばらく、全く気にしていなかった保険について意識したのは、子供が生まれてからです。

もし、主人に何かあったら、現実問題として私と子供が生きていくだけの保障があるのか?と考えた時不安になりました。

そして、保険証券を見せてもらいましたが、その掛け金の高さにびっくりしました。

そんなに高いなら、保障もちゃんとしているとは思いますが、内容が分かりにくくて、理解できません。

そこで、見直しするように勧めました。

掛け金が高いのも、少し節約できるのではないかな、と思ったのです。

主人に聞いても、今の会社に就職した時に流されるままに加入したらしく、内容もよく分かっていなくて、ちゃんといらない保障をなくせば節約できそうです。

そこで、中立な立場から相談を受けてくれる保険相談を受けました。

そこでは、しつこく勧められる訳でもなくて、独身の時とは違う必要な保障を考えて最適な保険を教えてくれました。

やはり、主人の加入している保険はかなりお高めで、他の安い保険を組み合わせてだいぶ保険料を削減できました。

私の加入している保険は、もともと掛け金も低いので見直して節約とはならなそうだったので、そのままにしましたが、その相談で商品券ももらえたので、とてもお得でした。

お財布には1週ずつの予算しか入れないようにすると節約できます!

普段持ち歩くお財布の中には絶対に1カ月分の予算などは入れないようにします。

1週間ずつの予算を週のはじめにお財布にいれたら、その中で絶対に済ませるように過ごすのです。もちろん、お財布の中身が余ったら、そのまま繰り越さず貯金箱に残っているお金を入れて小銭貯金をしておきます!お財布の中に余計なお金をいれなければ、使いようがなので、無駄なものを購入したり衝動買いを防げるのです!

しかし、あまりにもきつすぎる予算割をしてしまうと、どうしても精神的にもまいってしまってある時挫折してしまって散財してしまうということもあるので設定額はしっかりと考えて無謀なことはやめた方がよいです!

どうしてもストレスが溜まった時には小銭貯金をした貯金箱から拝借して、豪華なランチに行ったり映画を見たり、ケーキを購入してみたりも年に数回はしてみるのも良いものです!

節約は長く続けていかないと効果はでてはこないので、長期スパンで穏やかに賢く行うのがベストなので、無理は禁物です。週割をした予算でいかに美味しいご飯を工夫して作れるか!満足できるかに勝負がかかっていることは忘れてはいけません。

食べないようにするとか我慢をひたすらする・・・という考え方で節約に励むと必ず挫折するので、決められた予算を素敵に使うことが大事なのだということを考えなければいけないのです!