100円ショップの賢い活用で充実した節約生活!

安くて色んな物が手に入るお店として人気がある100円ショップは、上手に使うと節約生活の助けになってくれます。自分の家の近くにある100円ショップには時間がある時に足を運んで、ラインナップを覚えておくと便利です。

そして、ドラッグストアやスーパーマーケットと比べて、価格や内容量にどれぐらいの違いがあるのかを見極めて、どのお店で購入するかを決めることが大切です。100円ショップに置いてある商品は、物によっては、内容量を少なくすることで均一価格を実現していることがあります。

ひとつひとつの単価を考えると、100円ショップ以外で買う方が安い場合もあります。消耗品のビニール袋やホイルケースなどはその一例です。また、気軽に買うことができる収納ケースやカゴは100円ショップの人気商品のひとつですが、100円ショップの商品は商品リニューアルを機に同じものがなくなってしまう可能性があるので、複数を並べて使おうと考えている場合には、買い足しが難しいことがあり、あまりおすすめできません。インテリア専門のショップで長く続いているシリーズを購入した方が、買い足しを考えた際には便利です。

安いからという理由で安易に100円ショップを利用するのではなく、他店とも比較した上で、本当に使い勝手が良くコスパの良い商品のみを使うことが節約への近道です。

節約生活の中の楽しみ

節約生活とダイエットは似ている所があるといわれていますが、私もその意見に同感です。

どちらも目標設定が厳しいと挫折してしまい、元の木阿弥になってしまう所がよく似ていると思います。

ダイエットと同じように「自分にご褒美」という設定がなければ、長く続けられる節約がないと考えています。
この日までに「何キロやせよう」という目標を立てても思うようにならなかったり、逆に太ってしまったりという事があったりして、次の日からやる気がなくなったりする事があるかもしれません。

「ご褒美」を「油料理」や「甘い物」にしている場合は尚更です。
「これだけ節約したのだから、美味しいレストランで沢山食べよう」などという「ご褒美」にしている場合は、「ダイエット」の目標も遠のいてしまうでしょう。

私などは、何か達成した時の「自分にご褒美」を「生クリームいっぱいのシュークリーム」とか「濃厚な味のチョコレートケーキ」にしている事があります。
なかなか達成する事が出来ませんが。

節約するのは自分が達成したい目標があるからだという事は明白ですが、長期的なものなので何か楽しみがないと挫折してしまいがちです。「ここまで達成したら普段したくても出来ない事をしよう」というのがないと続きません。
それが「大金を使わずとも出来る事」ならいうことはないのかもしれませんが、普段節約している時に何をして過ごすかという事を念頭においてみると、自分が満足出来る事が見つかるかもしれません。