食費の節約について。お菓子は無駄使い?

一ヶ月の食費で十万以上出費してる家庭があるそうです。

大家族やたくさんご飯を食べる家族なら分かりますが、一般の家庭で、一ヶ月の食費が十万以上出費してる家庭があります。働き盛りの夫婦の家庭で子供はいません。二人合わせて、年収が千五百万越えてます。子供がいない分、自分の趣味にお金を使えるそうですが、趣味よりも食費に十万以上出費しているのが悩みだそうです。

その家庭はどこのお店で何を買っているのかが気になります。その家庭の話しを聞くと、体に良い値段の高い野菜を買っているから、食費がかかってると言ってます。本当にそうなんでしょうか?実際にその家庭を覗かせて貰うと、意外な事実を発見しました。それは、無駄な買い物でした。予想通りの展開でした。一日三食プラスおやつの生活をほぼ一ヶ月過ごしていたんです。夫婦ともにお菓子が大好物で、世界中のお菓子を取り寄せています。どれも値段の高いお菓子でビックリします。

値段の高いお菓子を買わずに、比較的に値段の安いおいしいお菓子を購入して、毎日おやつを食べるんじゃなくて、一週間に一、二回食べるなど、ルールを作ると良いです。その家庭にも提案を出してみました。すると、賛成してくれました。毎日お菓子を買って、毎日おやつの時間にたべるのは、健康に悪いと反省していました。お菓子は休日のみ食べるようにして、一ヶ月間過ごした結果、5万円ほど改善しました。お菓子で5万円を使っていたと思うと、ビックリだし、気づかない内に無駄使いをしていたんだなと気づかされます。

このように、一ヶ月の食費で高いと思ってる家庭でお菓子に無駄使いをしてるかどうか確認をしてみるのも、食費を節約するきっかけになると思います。また、一ヶ月の食費を見直す事も大切です。