節約種別と貯蓄方法

せっかく節約をしてもそれを確実に貯蓄に回す方法を講じなければ、そのお金は無駄遣いでどこかに消えてしまうものです。従って、節約と貯蓄手段はセットで考える事が重要です。
節約の種別に対応して、最適な貯蓄方法でお金を確実に貯める事を考える事が必要です。

まず、毎月発生する光熱費や通信費においては、最近では通信費に無駄な出費が多くなっており、これを見直す事が第1でしょう。
スマホの普及で、ネット接続をスマホで行う事が当たり前の家庭では、固定のネット回線を光回線にする必要性が減少しているはずで、時代に逆行するようですが、ADSLに戻す事を考えると良いでしょう。
通信会社はセット割りを進めますが、それより抜本的な節約としてはこの方が安上がりです。
こうした大きな出費の見直しで、5千円以上が毎月節約できたなら、その分は給与や年金から天引きで積み立て預金するのがベストです。こうすれば、確実に節約分を貯蓄する事ができます。

一方で、毎日の買い物代等のこまごました品目での節約分は、まずはつもり貯金として壊さなければ開けられない貯金箱に貯金するのがお勧めです。
チリも積もれば山となるで、この貯金箱がいっぱいになれば、金融機関の貯蓄に回すと良いでしょう。節約する事と、貯蓄をセットで考える事ではじめてお金は貯まると言う事を忘れてはなりません。

節約は「楽しく賢く」がポイント!

“節約を始めたのは、出産してからがきっかけです。
それまでは給料から余ったら節約する、というかんじでしたが、それでは自分たちに甘くなってしまいなかなか思うように貯まらなくなります。
そのため、年間目標貯蓄額を決めることにしました。うちは年収500万半ば頃ですが、とりあえず150万貯蓄を目指しました。

手取り年収は400万円なので、そこから150万引くと250万円になります。すると毎月20万くらいで生活しなくてはいけません。
住宅ローンも抱えているのでなかなか大変でしたが、そこは言い訳にはせずに、削れる部分は徹底しました。

まず家族3人で食費は2万5千円。それ以上は絶対にかけないことを心がけました。外食も家族で行くときも1回3000円までで抑えるようにし、
極力外食はしないで自炊をしました。自炊にお金をかければ、外食費もかさむことはなくなりますし、贅沢な気分も味わえます。

また光熱費も下げやすいです。温水便座のため、便座は必ずさげる、お風呂の温度はあまりあげない、水は短時間使用にする、などです。
一つ一つは難しくないので、根気が大事です。

また、携帯も格安スマホにすれば夫婦で2万近くしたものも、8000円ほどで抑えることができます。携帯を変える作業自体面倒方は思いますが、
早めに変えれば変えるほどお得になるのでオススメです。賢く楽しんで節約すると、ストレスフリーで貯蓄もできるようになります。”

簡単に貯蓄をする方法をご紹介!!!

節約を頑張っていてもなかなかお金が貯まらない人ってけっこういませんか?

今回は、そんな人が簡単に貯蓄できる話を紹介します。

貯金が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

貯蓄をするためにまずは、口座は2つ作ることをおススメします。1つは生活費など生活をする上で使うお金を入れておきます。

もう1つの口座には、先取り貯金として給料が入ったら勝手にいくらか生活には困らない額が振り込まれる口座を作っておきます。この口座には最初は、少額でもかまわないので毎月必ず決まった金額を貯めるようにしましょう。

ただ、このお金はどんなに少額でも絶対手をつけないお金と決めておきます。

少しずつでもそこには必ずお金が貯まる癖をつけるのです。

そういった癖をつけることは自信に繋がります。

小さな積み重ねは、必ず大きな自信に繋がり、貯めることが習慣化するようになります。

そうなることで、貯められないといった自分の思い込みをなくすことができるのです。

そうすれば、どんどん貯金をすることが楽しくなって自然と普段の生活でも色々な事が気になるようになり、節約をする習慣がつくようになり、浪費家だった自分が、貯め体質に変化をすることができるようになります。